質屋で借りたお金は返済しなくてもOKなのです!お金が足りなくて困っているからこそ使いたい質屋ならではの仕組みから解説します。

質屋ならでは!質屋でお金を借入れするメリット③

お金が足りなくて困っている人にとって、実はこれが質屋の一番のメリットなのではないかと思えるのが、実は「お金を返さなくても全然かまわない」ということです。

過去に、銀行や消費者金融などでお金を借りたものの、返済時にお金を準備できなくて困ったという人からすると、信じられない話かもしれません。

質屋に融資金を返さなくて良い理由は、質屋の仕組みを知るとわかります。

質屋は、利用者の信用情報を見るのではなく、品物の価値を見て融資額を決めることから、基本的にはその品物しか見ていません。

返済日が来ると問題になるのは、その品物をどうするかということで、融資額が戻ってこなければ、質屋はその品物を自店のものにするだけなのです。

つまり、所有権が利用者から質屋に移るということです。

これを「質流れ」と呼ぶのですが、質流れになると質屋はその品物を綺麗にして再販するなりするため、融資額が戻ってこなくてもまったく損にはならないのです。

そもそも質入れの場合、こういったことも見越して買取よりも査定額が低く見積もられるため、損にはならないどころか、むしろ質流れになった方が利益としては上がるパターンも多いと言われています。

いかがでしょうか?こういうカラクリがあったわけです。

そのため、お金がないとき、少しでも融資を受けられるような品物があるとラッキー。

返済のことはまた後で考えるとして、とりあえず質屋に出してしまえば良いのです。

しかし、先にも書いたように、質入れよりも買取の方が査定額は上がります。

もし、手放す前提で質入れするのであれば、最初から買取を選んだ方が賢明と言えるでしょう。

中には、質入れと買取の場合の両方で査定をしてくれる質屋もあるため、迷っている場合は一度スタッフに確認してみてください。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS